陸王 足袋シューズの購入方法はコレ!

陸王 足袋シューズの購入方法はコレ!

ドラマ「陸王」の初回視聴率が「14.7%」と驚異の視聴率を叩き出しております。

陸王の内容は売れない足袋屋さんが「足袋型のマラソンシューズ」を開発していくというものですね。

そこでよく見かけるのが靴!きになって購入したいなという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、購入方法など詳しくご紹介していきたいと思います!


「陸王」基本情報とは

放送日:2017年10月15日(日)スタート

時 間:毎週日曜日 9:00~9:54(初回2時間スペシャル)

放送局:TBS系列

主 演:役所広司

原 作:池井戸潤『陸王』(集英社 刊)

脚 本:八津弘幸

プロデューサー:伊與田英徳・川嶋龍太郎

演 出:福澤克雄

陸上総監督:原 晋( 青山学院大学陸上競技部 長距離ブロック監督 )

陸上協力:青山学院大学陸上競技部

トレーニング協力:スポーツモチベーション

足袋協力:きねや足袋

協 力:埼玉県行田市

製作著作:TBS

陸王で出てくるマラソンシューズとは

まずは、主人公の役所広司が足袋型のマラソンを開発しようと思ったきっかけの「5本指シューズ」の説明をしたいと思います。

この5本指シューズはvibramfivefingers(ビブラムファイブフィンガーズ)と言ってスポーツ界では有名なブランドのシューズとなります。

販売店舗は「楽天、Amazon、ヤフーショッピング」と幅広く展開しております。

足袋型 トレーニングシューズ (メンズ / レディース)の詳細はこちら

足袋のシューズと同じく、最も自然な「裸足」に近いと足の機能を存分に活かせるという理由で開発されております。

足の指までしっかり地面を蹴るので性能は抜群にいいとのこと。

このビブラムを購入した方達の口コミ評価も高く、高性能なスポーツシューズとして人気が高い商品となっております。

ビブラム5本指シューズは値段が18000円と高額にも関わらず、性能が良いので売り上げがどんどん伸びております。


足袋シューズ「無敵」について

足袋型 トレーニングシューズ (メンズ / レディース)の詳細はこちら

ランニング足袋MUTEKIは伝統的な製法で仕上げた足袋そのものに、柔らかくグリップ力の高い薄さ5mmの天然ゴムソールを手縫いで縫い付けた新しいタイプの履物となります。

従来の足袋型シューズやつま先の割れたデザインのシューズとは異なっており(その他ランニングシューズも含む)ソールにクッション等の保護材は一切使用せず、限りなく素足感覚に近づけております。

個人差はあるのですが、MUTEKIを履いて走ると自然とつま先から着地するような感じになる為、人間本来の走り方を取り戻すツールの1つになっております。

また、ソールの削れ具合や地面をとらえる際の足の感覚により、ご自身の体重移動を把握することで、無理のない範囲で走り方の改善をサポートしてくれるのです。

裸足系ランニングシューズが始めての人や足袋や地下足袋自体を履いたことが無い方は、まずは室内での試し履きやウォーキングなどで、履き心地に慣れることから始めてみてくださいね。

慣れないうちから長距離を走ったり、急ピッチで使用又は無理なご使用を続けられると怪我や故障の原因となる可能性がございますので、十分注意してお使いくださいね。

ドラマ陸王を見ているかぎり、この足袋シューズを作るのに相当苦労したんだなというのが分かります。

性能もヒールストライク走行ではなく、ミッドフット走行をしやすいような構造になっております。

Toe-Bi(トゥービー)の購入方法をご紹介!

Toe-Biは新型ランニング足袋となります。

「陸王」のランニング足袋のモデルとなった1つ。

新作となるランニング足袋なのですが、実は発売可能日が遅れてしまっておりましたが、ついにその日がきまりましたね。

2017年10月18日からの発売となりました。

足袋型 トレーニングシューズ (メンズ / レディース)の詳細はこちら

なんと初回入荷分の数量は、各色各サイズ3足以下という超レアものだったので、すぐに欠品しました。売り切れです…。

Toe-Bi(トゥービー)の特長は、アウトソールの薄さとなります。

3mmにまで薄くできたランニング足袋です。

より裸足感に近づいた、きねや足袋株式会社の新作ランニング足袋、Toe-Bi(トゥービー)。

これもまた、大きく話題となりましたね。


陸王にはモデルとなったランニング足袋があった?

ドラマ「陸王」は足袋を作る会社が新規事業としてランニング足袋を作るという作品となります。

その中で生まれる人間関係を描くヒューマンドラマとしても見どころ満載のドラマとなっております。

足袋作り100年という老舗が、会社の存続をかけて開発するランニングシューズ。

それは足袋業者だからこそできるランニング足袋!

そのランニング足袋の名前こそが「陸王」です。ドラマのタイトルにもなっておりますね。

きねや足袋株式会社

ドラマ「陸王」のモデルとなっているランニングシューズ、すなわちランニング足袋を作っているのは、きねや足袋株式会社。

埼玉県行田市に会社を構え、現在3代目の中澤貴之さんが会社を支えております。

・ミシン
・道具
・人

創業当初からこの3つに優しい行田足袋づくりを心掛けているきねや足袋株式会社です。

足を包み込むふっくらとした特徴がございます。

・耐久性
・シルエット
・縫い上がり

これらを追求し、先々代から受け継がれてきた伝統の技を今もなお世に広めております。

足袋と言えば、着物の脇役ですね。そんな常識を覆すような、ランニング足袋です。

様々な所で活躍するようなシューズとなっております。

なんと行田足袋づくりの見学や体験ができる工場もございます!

その名も足袋の館です!

 

今となってはなかなか見ることのできない足袋作りを目の前で体感できるチャンスですのでぜひ、行ってみてくださいね。

陸王 原作をご紹介!

◆内容とは

埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。日々、資金操りに頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立地ます。

これまで培った足袋製造の技術を生かして、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発はできないのか?

世界的スポーツブランドとの熾烈な競争、資金難、素材探し、開発力不足です。従業員20名の地方零細企業が、伝統と情熱、そして仲間との強い結びつきで一世一代の大勝負に打って出ます。

定 価:本体1700円+税 四六判ソフトカバー 592ページ

発売日:2016年7月8日(金)

となっております。

◆著者プロフィール

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒しました。

『果つる底なき』で江戸川乱歩賞、『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、『下町ロケット』で直木賞を受賞しました。

主な作品に、半沢直樹シリーズ(『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』)、花咲舞シリーズ(『不祥事』『花咲舞が黙ってない』)、『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』『ようこそ、わが家へ』『民王』『七つの会議』『アキラとあきら』などがございます!

本も気になる方はぜひ、買ってみてくださいね。

足袋型 トレーニングシューズ (メンズ / レディース)の詳細はこちら

陸王 足袋 シューズの購入方法とは?についてでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です