anone(あのね) カノンの声からわかる事!

anone(あのね) カノンの声からわかる事!

ドラマ anone は、毎週水曜日 夜10時 2018年1月10日かわきりに第一話の放送が終わり、すべてを失っても強く生きようとする少女が、ある事件をきっかけに運命的な出会いをしていくストーリーであることがわかりましたよね。

主人公の広瀬すずさんも、髪の毛をショートにして、今までとは違う雰囲気で見た目もかわいらしいし、かっこいいいし演技もすごく、視聴者の人たちからは大絶賛となっています。

ドラマの中で気になったのが、広瀬すずさん演じる「ハリカ」のチャットゲームでの会話を楽しむ間柄の「カノンさん」声のみなので、いったい誰が演じているのかと気になってしまいましたよね。

そこで「カノン」役の第一回目に声だけで出演している俳優さんは誰なのか?どんな役どころなのか、正体とはいったい何なのかについて調べてみることにしました。


anone ドラマについて

すべてを失ってしまった少女は、それでも生きようと思ったが、生きる術を知らなかった。そしてある老齢の女との運命的な出会い。

家族を失い社会からはぐれた19歳の少女「辻沢ハリカ」(広瀬すず)と法律事務所で働く人を信用できない62歳の林田亜乃音(田中裕子)との出会い。生きていくうえで大切なものは何かを見つけていくお話になっているそうです。

そして、ある事件を通し、ニセモノだった二人が「真実」の人間愛を見出していくそうです

脚本家・キャストについて

脚本を担当したのは、ドラマ「カルテット」の脚本を担当した坂元裕二さんです。キャストも豪華ですが、坂本裕二さんの独特な世界観にどんどんと引き込まれていくドラマになっています。

「Woman」「Mother」など注目された作品にも携わった方です。大阪府出身で多くの作品に携わった実力脚本家です。日本を代表する脚本家とまで言われている脚本家で第一回目のフジテレビヤングシナリオ大賞に19歳で受賞しその後華々しくデビューを果たした、素晴らしい方です。多くの作品の中では名せりふと言われる有名なものもあるぐらい誰もが一つは知っているドラマを作り出している人です。

主人公、信じる心を失った少女「ハリカ」(辻沢ハリカ)を演じるのは、人生初のベリーショートヘアになった広瀬すずさんです。10代最後の連続ドラマ主演を務めていきます。

広瀬すずさん演じる「ハリカ」(辻沢ハリカ)19歳  通称:ハズレ ネットカフェに住んでいます。自分の世界に閉じこもりがちで、挙動不審。幼少期は真逆の性格。
天真爛漫であったそうです。両親と、ある事件をきっかけに隔絶。村田亜乃音(田中裕子)に出合い引き取られて偽装家族の共同生活を始めたのでした。スケードボードを得意としている役どころです。
ボーイッシュな姿でスケードボードを操る姿は、さすが人気女優「広瀬すず」さん、とてもかっこいいですよね。

他、謎の女として小林里美さんや、カレーショップ店長に阿部サダヲさん、もっと謎な男で瑛太さんなどなど
豪華キャストが勢ぞろい。どんな真実に出会っていくのか、10回どれも見逃すわけにはいきませんね。


カノンについて

anone に謎めいた役で、第一回目には、声と横顔だけ出演した「カノン」(紙野彦星)広瀬すずさん演じる「ハリカ」(辻沢ハリカ)チャットゲームの中だけの知り合いということであるが、何でも話せる「ハリカ」にとっても信頼おける人物です。

第一回目が終わると、「なんか聞いたことある素敵な声」「誰だろう}とツイッターでも、ちょとざわめいていましたよね。

主人公である広瀬すずさん演じるハリカが逃避的にコミュニケーションをとっている、「カノン」。ハリカが心許せる数少ない人物・「カノン」。チャットができるアプリのみのつながりなのですが。カノンとの会話がハリカの数少ない楽しみの一つになっています。

第一回目、放送後「カノン」の声からする予想俳優さんは

第一回目が終わりSNSで「ハリカ」(辻沢ハリカ)と会話をしている「カノン」の声を聞いていると、なんだか聞いたことがあるような声なんですが、おそらくかっこいい俳優さんではないかと予想するかたが多かったみたいです。

ちょっと気になってツイッターなどで調べてみると、やはり視聴者のみなさん気になっているようで予想が飛び交っていました。

しかしやはり、イケメン俳優の名がずらり・・・清水尋也さん?中川大志さん?成田凌さん?一番多かった予想が、清水尋也さんでした。

清水尋也さんは、ちはやふるに、でていた俳優さんで、広瀬すずさんとはすでに共演を果たしている方ですよね。

ちはやふるでは、「須藤暁人」役でした。全国区の実力者で、大会ではクイーンに次ぐ結果を残し、性格も魅力的な存在役でした。

ちなみにドSで気位が高くい。しかし講習会に通うといった勤勉な一面もある役どころでした。

そして、第二回目を終わり、「カノン」(神野彦星)は清水清水尋也(しみずひろや)さんが演じていたことが、発表されましたね。


清水尋也さんについて

清水尋也(しみずひろや)さんは、1999年6月9日生まれの18歳 高校三年生 東京都出身で血液型はO型 身長186㎝と背の高い俳優さんなんですね。

俳優として活躍している方です。4歳年上の清水直弥さんの弟だそうです。俳優になったのはお兄さんの影響が大きかったらしいですよ。お兄さんの直弥さん主演の映画「からっぽ」の試写会の際スカウトされ演技のレッスンを
受けるようになったそうです。

特技はサッカー。兄の影響で3歳から習っていました。そしてバスケットボール、小学校に入り、サッカークラブがなかったためバスケに。ダンスもでき、ギターベース、ドラムと楽器も弾きる何でもこなせる
すごい人でした。

これまでにも多くの作品に出演しており、初めて出演したドラマは「高校入試」でした。
受験生の沢村翔太役でした。「ソロモンの偽証」「オレンジデイズ」「陽だまりの彼女」「ちはやふる」などで活躍されていたみたいですよ。

どの作品も演技力が高く評価されていて、今後注目の俳優さんです。

 カノンは??

カノン(紙野彦星)は大きな病気を患っているという、まだまだ正体が不明な人です。
ハリカ(広瀬すず)は「カノン」の全部を信じてはいないと友達にいっています。週刊誌に大病を理由にお金を要求する詐欺が
横行しているとも書いていたらしいからです。
ハリカがカノンに聞いたら「僕とは関係ない」と言いました。
謎だらけのカノンでしたが、幼少期、厚生施設でハリカとともにつらい時間を過ごした仲であったことが・・前髪を切らせない男の子でハリカと施設で一緒だった子であったとわかっています。
まだ病名は不明になっていますが、現在入院中で寿命も長くなのかも・・・
ハリカはカノンの病気治療のためにお金を何とか用意しようとします。二人は再開できるのか・・・ハラハラしちゃいますね。

まとめ

anone ドラマは謎めいたドラマです。そして第一回目から広瀬すず演じる「ハリカ」とチャットで信頼しあいなんでも
話せる「カノン」最初は声だけ、そして横顔だけとなかなか正体がわからない状態で、ツイッターでもいろいろと
正体の模索がされていましたが、2回が終わり、ついに皆さんが待ち望んでいた俳優さんもわかりましたよね。

いろいろとこれから真実の人間愛を見出していく、ハリカ、カノンがどのように今後はかかわっていくのか
どんな感じで出演してくるのか、まだまだ未知の世界が広がっていますが、とってもかかわりもそしてドラマの展開もたのしみに
なってきました。謎の女や?が付いているキャストもまだまだいます。ドラマの展開が楽しみですね。

第一回目 anone カノン声 がきになってしまったので、調べてみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です