もみ消して冬 サントラ・主題歌オープニングテーマについて

もみ消して冬 サントラ・主題歌オープニングテーマについて!

土曜日 10時からの「もみ消して冬」家族の愛が描かれた「どコメディー」Hey!Say!JUMPの山田涼介さんが主演ということあり視聴率も高く、話題のドラマとなっています。

ドラマでは、ヴァイオリンがサントラとしてながれ、ドラマを盛り上げています。サントラについては実は有名なかたが手掛けてくれていて、サントラがあるからこそ面白さを倍増させていますよ。
さて、サントラについて詳しく調べてみました。


もみ消して冬 ドラマ内容について

この一家は確実にトラブルを解決していくのです。そして、その作戦会議は秘密の家族会議で行われ、そこでは法律や常識よりも「家族の幸せ」が優先されていくおはなしです。

ヒットドラマの鉄板、三大職業である、医者(長男)小澤征悦三役 弁護士(長女)波瑠さん役 警視庁(次男)山田涼介さん役、のエリート三兄弟が、一家の安泰を驚かす事件のみを全力で解決していきます。

バカバカしくも美しすぎる家族愛と主役のエリート感が若干足りない末っ子刑事が家族への愛情VS職業倫理感で葛藤した挙句にひねくりだす

屁理屈を伴う活躍とその人間成長を笑いながら見る痛快『ドコメディー』ホームドラマになっています。

すでに放送開始となっていますが、かなり笑える面白いドラマです。

もみ消して冬 オープニングテーマ曲について

ヴァイオリニストの高嶋ちさ子が、13日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(毎週土曜 後10:00)のオープニングテーマ曲をてがけています。

楽曲タイトルは、「もみ消して冬~24のカプリス feat.高嶋ちさ子」。イタリアの作曲家ニコロ・パガニーニの「24のカプリス」という作品をモチーフに、作曲家の得田真裕氏がアレンジを加え、怪しく美しいスイングで物語を彩っています。

サウンドトラックの収録に加わった高嶋はちさ子さん、技巧派ヴァイオリニストとしても名高いパガニーニの作品と向き合い、収録現場では「もう髪の毛一本分低く」などプロフェッショナルな仕事ぶりで楽曲を完成させたそうです。

ドラマの始まりからヴァイオリンの音が鳴り響き、すぐにドラマに引き込まれてしまいます。


高嶋ちさ子さんのコメント

数時間の集中したレコーディングを終えた、高嶋ちさ子さんは「今まであまりこういうお仕事をさせて頂く機会がなかったので、すごくうれしかったです。おどろおどろしい、怪しいスイングみたいな感じの曲で、普段私が弾くような曲ではなかったのですが、だんだん練習していくうちに楽しくなってきて、良いレコーディングになりました」と満足にコメントしたそうです。

「もみ消して冬」のサントラは、3月14日(水)発売に決定しています。

高嶋ちさ子について

高嶋 ちさ子さん(たかしま ちさこ、1968年8月24日 – )は、日本のヴァイオリニスト。血液型A型。身長158cm

非常に厳格な子育てをする親の元に生まれ、子供の頃はテレビさえあまり見られなかったそうです。

兄と知的障害を持つ姉がいるそうで、姉にひどいいじめをする人々に抗議や仕返しをしているうちに気性が荒くなったということなんです。

子供時代のあだ名は「悪魔」だったそうですよ。

自他ともに認めるドラえもんファンなんだそうです。てんとう虫コミックス全45巻を3セットも持っているそうで、イェール大学留学中には、ドラえもんの映画を観るために一年に一度必ず帰国していたそうです。

一番好きな登場人物は骨川スネ夫で、人をからかったり、意味もなくいじわるをする点が自分と共通している思っているそうです。

一方、嫌いな登場人物はドラミちゃんで、いい子ちゃんキャラで、説教などをする点がうるさいなと思っているそうです。

『芸術に恋して』の司会をはじめ、多数のテレビ番組に出演。番組放映開始直後からの出演歴があります。

日本テレビ『踊る!さんま御殿!!』をはじめ、ヴァイオリニストとしては、ポップスからミュージカルナンバー、映画音楽などジャンルにとらわれず活動しています。

コロムビアミュージックエンタテインメントのJ-クラシックの一員として、岡野博行さんのプロデュースを受け、ピアニストの加羽沢美濃さんをはじめ多彩な音楽家との共演もはたし、ヴァイオリンのみによるアンサンブル『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』で、リーダー役を務めているすごい人です。


主題歌

2月14日(水)発売「マエヲムケ」Hey!Say!JUMP
Hey! Say! JUMP、22枚目となるシングル『マエヲムケ』は、山田涼介が主演を務める日本テレビ系土曜ドラマ「もみ消して冬」主題歌。コメディー要素満載なドラマの世界観とリンクするかのような、コミカルで突き抜けた明るさに溢れつつ、失敗してもズッコケても情けなくても、何度も立ち上がる強さと思いがこもった超前向き応援ソングになっています!曲調も歌詞も、これまでのHey Say JUMPの殻を突き破った、等身大で勢いのある楽曲となっています。

初回限定盤には、“マエヲムケ”のビデオ・クリップ+メイキングが収録されています。カップリングには“タイトル未定A”を追加収録されているそうです。

デビュー10周年イヤーであった2017年を駆け抜け、また一回り成長したHey! Say! JUMP。2018年も更なる進化を遂げるために、「もみ消して冬」ドラマの主題歌として全力のスタートをきったのです。

Hey!Say!JUMPについて

Hey! Say! JUMP(ヘイ! セイ! ジャンプ)は、ジャニーズ事務所のアイドルグループです。所属レコード会社はジェイ・ストーム。2007年9月24日結成しました。「Hey! Say! Johnny’s Ultra Music Power」の略で、「メンバー全員が平成生まれで、平成の時代を高くジャンプしていく」という意味が込められているのです。

メンバーは 9人 です。知念侑李 中島裕翔 山田涼介 岡本圭人 有岡大貴 八乙女光 伊野尾慧 高木雄也 薮宏太  そのなかでも「もみ消して冬」に出演している山田涼介さんは2006年にドラマに初出演して以降数多くのドラマや映画に出演しています。おそらくメンバーの中でも一番世間に名前を知られている人でしょうね。

2015年に公開された映画「暗殺教室」では第39回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しました。2016年にはドラマ「カインとアベル」で月9の初主演も飾りました。

さらに2017年9月23日に公開された映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、2017年12月1日公開予定の映画「鋼の錬金術師」にも出演されるということでアイドルでありながら売れっ子の役者として活躍する山田涼介さんが Hey!Say!JUMPメンバーで人気順第1位だと思います。

メンバー内での立ち位置もイケメンキャラなのかと思いきやそうではなく、実際は天然キャラとして話題みたいですよ。

ファンには「涼介くん」や「涼ちゃん」というあだ名で親しまれているそうです。 山田涼介さんはファンサービスも丁寧ということで話題になっているようですよ。

今後、Hey! Say! JUMP山田涼介はじめ、メンバーのみなさんがどこまで役者としてアイドルとして活躍するのか、注目していきましょう!

もみ消して冬 サントラのまとめ

もみ消して冬のサントラは、ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんが、このドラマのために弾いてくれています
高嶋ちさ子さんは、1990年ごろのアメリカ留学時に、ノーフォーク音楽祭やバンフ音楽祭などの様々な音楽祭に出演。1994年にマイアミのオーケストラ、ニュー・ワールド・シンフォニーに入団。1995年にユニット「チョコレート・ファッション」でCDデビュー。世界で活躍した方です。

なかなかきりっとした、芯のある人物だと思います。

音楽の才能は素晴らしいもので、このもみ消して冬には、すでになくてはならない、主役に肩を並べるような
ものです。耳に残る心地よい音楽だけでも、たのしめますよ。もみ消して冬 サントラについて調べてみました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です