キミの心に棲みついた ロケ地はどこ?

天堂きりんさん原作の『きみが心に棲みついた』が2018年1月16日からTBSの火曜22:00枠で放送開始しました!

「きみが心に棲みついた」は、地味で自信もなく人前に出るとキョドってしまう女の子・小川今日子(通称:キョドコ)の物語です。

ドラマ版「きみが心に棲みついた」は、ドキドキが連続する新感覚の三角関係ラブストーリーです。
すでにドラマは放映されており、ドラマのロケ地も話題になっているみたいなのでちょっと調べてみました。


キミの心に棲みついた内容について

この『きみが心に棲みついた』は、女優の吉岡里帆と俳優の向井理と桐谷健太の間で揺れる少し“怖い”三角関係です

子どもの頃から人前に出ると挙動不審になってしまう主人公の小川今日子、通称“キョドコ”「吉岡里帆さん役」
には、大学時代に自分を理解してくれた男性・星名に惚れていました。しかし彼が冷酷な人間であると気づき、
それがわかりつつも彼から離れられずにいたのでした。悪魔のようにキョドコの“心に棲むつく”星名漣(向井理役)。

しかし下着メーカーに就職したキョドコは、マンガ編集者で優しい吉崎幸次郎(桐谷健太役)と出会い、新しい恋に胸を踊らせるキョドコ、次第に強く惹かれていくのです。

これから純粋なラブストーリーが始まるのかと思ったとこだったのですが、一人の男性が転勤してきます。一見爽やかでイケメンな彼ですが裏の顔があり、キョドコにとって“最悪の再会”です。キョドコはその男性を見て驚愕。それは「忘れることができない男」である、星名漣(向井理役)だったからです。

物語はキョドコと吉崎幸次郎(桐谷健太役)のラブストーリーに星名連(向井理役)が加わった、ちょっと怖めの三角関係が展開されています。

向井理さん演じる星名のキャラクターがサイコホラーレベルで怖いですよね。

今日子の好意に付け入って、大勢の男たちの前に裸で立たせストリップを披露するように強制。更には今日子に馬乗りになり、彼女のロングヘアを無残に切り刻むなど、度を超えた支配っぷりが視聴者を震え上がらせ、ツイッターでもちょっと騒がれていました。

今日子は女性として成長し、前に進むことはできるのかと期待が高まりますね。

キミの心に棲みついた 天堂きりんさんについて

出身地が大阪。1995年から漫画を描いている作家さんです。性別、年齢などなど不詳でありますが、過去作品には多くの作品があります。謎の多い先生ですが、たくさんの作品を生み出しており、有名な漫画家さんです。


出演者について

「きみが心に棲みついた」は、連続ドラマ初主演となる吉岡里帆さんが主人公となる作品。心に棲みついた星名(向井理役)と好きだと思いたい吉崎(桐谷健太)の間で揺れている、情緒不安定な女の子を演じます。

吉崎高次郎・・・桐谷健太さん演じる吉崎は、ズバッと思ったことを口にするものの、おおらかで優しい人物。今日子から思わぬ好意をもたれたことに迷惑さえ感じていたものの、次第にほっておけない存在へと変わっていきます。

飯田彩香・・・石橋杏奈さんは、美人で何でもそつなくこなす今日子の同期・飯田彩香を演じます。星名に好意をもち、星名が気にかけている今日子に対してただならぬライバル心を抱いています。

スズキ次郎・・・ムロツヨシさんは、ちょいエロ漫画家のスズキ次郎を演じます。その鋭い洞察力で、出向してきた星名の二面性を見抜くという侮れないキャラクターです。

八木泉・・・鈴木紗理奈さん演じる八木泉は、今日子を煩わしく思う先輩デザイナーです。仕事熱心なものの口が悪く、今日子のキョドりっぷりにイライラしています。

堀田麻衣子・・・瀬戸朝香さんが演じる堀田は、今日子の先輩デザイナーです。今日子の良き理解者で、新規プロジェクトにも積極的に推薦するほど信頼し、気にかけている人物です

星名蓮・・・向井理さん演じる星名蓮は、今日子の心に棲みつきます。今日子の大学時代の先輩で、いつも彼女を支配しようとしていました。優しくて温かいイメージのある向井理さんが演じるのは、ものすごいギャップとそれに恐怖まで感じてしまいますよ。

キミの心に棲みついた ロケ地について

小川今日子(吉岡里帆)、星名蓮(向井理)らが働く下着メーカー「ラブワール」の外観は、御茶ノ水ソラシティ  です。

吉崎幸次郎(桐谷健太)やスズキ次郎(ムロツヨシ)が働く一ツ木出版漫画編集部の外観は、グリーンプレイス蒲田です。

小川今日子(吉岡里帆)と星名蓮(向井理)が通っていた大学のキャンパスは、東京農工大学です。

1話の冒頭、合コンの後に吉岡里帆さんが勢いのまま桐谷健太さんに告白したのが外苑前駅の前にある青山通りです。

「青山ブックセンター」(東京都渋谷区)は、桐谷健太さん演じる漫画家編集がその担当をしていると知った吉岡里帆さんが「俺に届け響け!」を買いに行った本屋です

カフェソウルツリー(東京都世田谷区)は、鈴木紗理奈さんに何度もダメ出しをくらった吉岡里帆さんが瀬戸朝香に相談、その後桐谷健太さんがきたカフェです。

すみだ水族館(東京都墨田区)は、吉岡里帆さんと桐谷健太さんが訪れることになった水族館です。

アサドール・エル・シエロ(東京都港区)暖色系の照明で大人の雰囲気と本格的なステーキが楽しめます。吉岡里帆さんが向井理さんにべったりとひっつく石橋杏奈さんに嫉妬している向井理さん演じる星名蓮の歓迎会のシーンで使われたレストランです。

とにかく、東京の中心で撮影されているものが多く、多くの人たちが遭遇し、ツイートしています。どこで撮影しているのか、遭遇するのが楽しみですね。


主演 吉岡理穂さんについて

撮影所に囲まれ映画やテレビドラマの撮影が日常的に行われる京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、高校3年から俳優養成所に通い始め、学生制作の自主映画にも参加するなど意欲たっぷりの女優さんです。

2015年6月より上京。NHKドラマ10『美女と男子』の後半にレギュラー出演して朝ドラスタッフの目に留まり、同年後期の連続テレビ小説『あさが来た』のヒロインオーディションでは最終選考で落選したものの「あの子に何か役をやらせたい」と制作側に感じさせて、波瑠演じるヒロイン・あさの娘の親友役抜擢。

その後、少しずつテレビに出演することが増え、2018年1月スタートの『きみが心に棲みついた』(TBS系)で、連続ドラマ初主演となったのです。

吉岡 里帆(よしおか りほ)1993年1月15日生まれ。書道は八段で、書道家を目指して大学に進学、バラエティ番組でその腕前を披露したこともあります。

生き物は何でも好きで「私は重度の猫依存症です」とつづるほどの無類の猫好き。京都の実家に猫5匹と犬1匹を飼っているそうです。

主題歌について

「きみが心に棲みついた」の主題歌は、E-girlsの『Pain,pain』です。

ミステリアスな雰囲気から始まり、サビではキャッチーなメロディを奏でます。先行き分からないドラマの世界観に合った楽曲で、人間愛を感じられる歌詞になっているそうです。

まとめ

最近のドラマは、横浜だったり、千葉、埼玉のような、東京からちょっと外れた場所でロケを行うのが主流みたいですが、「きみの心に棲みついた」は東京のど真ん中が撮影の中心となっているみたいですよ。

ロケをしているところを偶然見つけられる可能性も非常に高そうで、出会えるのが楽しみですね

「きみの心に棲みついた」ロケ地について少し調べてみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です