99.9は小ネタが満載シーズン2も期待できます

99.9は小ネタが満載シーズン2も期待できます!

シーズン1に続き、好評放送中の99.9シーズン2。
マツジュンが主演とあって、結構アイドルチックなドラマと思いきや
そのクオリティーは高く、ストーリー展開も一時間の尺の中に上手く
収まるように良く作られています。

またマツジュン演じる深山もパーフェクトな弁護士でなく、
何か過去がありそうな人間臭い役どころとなっているのも興味深いですね。

テンポ良く進むストーリーもそうですが、時折見せる“小ネタ”が好評です。

そこで今回はこの99.9の小ネタを紹介いたします。


99.9の面白さとは

99.9は前回のシーズン1も大好評でかなり早い時期にシーズン2が始まりました。
あらすじは前回の流れを受け継ぎながらも新たなキャスト木村文乃さんを迎えるなど、新しい試みが見られます。

更に鶴瓶さんが陰のある裁判官として登場しました。
これって結構期待してもいいのでは。

このキャストの豪華さが面白さの1つですね。

単なるアイドルドラマにはならないのは、こんな伏線とも言える“多くのヒント”を散りばめる事で飽きさせない創りをしています。

ドラマは基本一話完結系で進んでいくのですが、深山(マツジュン)の父親の事件が上手く絡んでいく事で推理性もくすぐられます。

ただ、99.9の面白さはと言えばどこだろうと考えた時に、このキャストの豪華もそうですが、ドラマを良く見ていると分かるのですが、アドリブ性も魅力です。

結構こうやって挙げていくたくさんありますね。
人気の理由が分かります。

99.9の知られざる面白さは拘りの小ネタ

99.9を見ているクスッと笑えるネタが満載な事に気付きます。

それは小粋なと表現するといいような感じですね。
シーズン1でも見られたのですが、マツジュンのダジャレですね。

よくオヤジギャグと言われるダジャレですが、定番の“いただきマングース”はもう名作ですね。

更に深山がダジャレを言った後の佐田の大げさなまでのリアクションは
結構アクセントになっていますね。

その後のマツジュンの薄笑いも良いですね。

アドリブ性もあり、現場の雰囲気の良さもうかがい知れますね。

さて、99.9にはこだわったなーという小ネタが多く見れます。

例えば舞子(木村文乃)が通ううどん屋(ここに鶴瓶さんも通うお店)が鳳亭(ほうてい)と結構興味深いですね。

更には繁傑(はんけつ)のお酒のポスターなど弁護士ドラマに対して
拘った名前でしょう。

こんな所にもスタッフの“遊び”が見れて拘りを感じますね。


シーズン1でも見られた小ネタの数々

99.9が始まった当初話題となったのはマツジュンのダジャレでした。

当然弁護士役という事も話題となりましたが、俺様的なキャラのマツジュンさんにはちょっと似合わないかなと思われました。

シーズン1に登場した立花(榮倉奈々)がプロレス好きなので、立花のデスクが移るたびにプロレスマスコットが登場したり、全く話には関係ないプロレスネタが満載でしたね。

深山が逮捕されて差し入れしたジャージは新日のジャージなどプロレスファンには、にやりとさせられるネタ満載でしたね。

毎回のようにプロレスラーが登場するのはいいですね。

前述の“いただきマングース”や“お金はおっかーねー”など珠玉のダジャレは良いアクセントになっています。

更に進化したシーズン2の小ネタ

さて復習も終わり、現在放送中の99.9シーズン2ですが、今回は更なるパワーアップです。

前述のうどん屋からも見られ程遊び心と拘りが見えています。

そこでまだ放送回は少ないですが、それでもちょっとツボに入りそうな
小ネタが満載です。

簡単にまとめました。

2話から抜粋しますが、事件の手がかりとなる神社での名簿に遊びがありました。

布川敏(フックン)
本木政弘(モックン)
石川秀美(ヤックンの奥様)
ここで気付きますね。シブガキ隊の完成ですね。

更に佐川先生の趣味の競馬ですが、咲雷賞(桜井翔)と愛川賞(哀川翔)と
ここにも遊びがありますね。

そして、3話は小ネタ満載でしたね。

ゲストが宇崎竜童さんと安達祐実さんという事で結構楽しめましたね。

「あの子あんたの何なのさ」このセリフと「同情するなら~」はツボに入りましたね。

何気にギターリフが入ってきたりと、ちょっと手間がかかっていますね。

遊ぶなら徹底的に遊ぶという姿勢が見られて好印象です。


小ネタに批判も?

さて遊び心満載でドラマのアクセントとなっている“小ネタ”ですが、
実は一部では批判を受けているのです。

“話しの内容が分からなくなる”とか“ストーリーの薄さをごまかしている”

“推理トリックが簡単すぎるからそれを小ネタでごまかしている”などなど。

ネットを中心にした意見ですが、ドラマには遊びがあった方が面白いですよね。

しかし、これは二時間系のサスペンスドラマを見ている人にはちょっと物足りないかもしれませんが、トリックや推理があまりメインではないドラマじゃない様な気がしますが。

マツジュンのオヤジギャグもアクセントにもなっているのですが。

小ネタを利用したストーリー性にも注目

前でも触れていますが、ネットでも批判を浴びているストーリー性ですが、
実際は深山の父の事件の連動性も上手く関係性を持たして、ストーリー性を
展開させているので、そこまで批判を受けるような感じではないようですが。

ただ、時間の問題で推理やトリックが雑というか簡単になるのは
しょうがないのではないでしょうか。

しかし、一時間位の短い時間で収めるには十分ではないかなと思える部分もあります。

最近のドラマは結構2話から最終話に渡って推理を展開させるドラマが
多いので、物足りなくなる部分もあるかもしれませんけど。

ただ、99.9の場合は1話完結が基本の形なので、趣が違うのです。

流れも安心感溢れる流れなので、最後には“正義が勝つ”といった感じで
落ち着いて見れますよね。

ただ、小ネタも考えなしで飛ばしている訳ではないですよね。

ちょっと遊び程度でやる部分にはいいのでは。

岸部さんの小ネタもありますよ

さて、マツジュンのオヤジギャグやそれに反応する香川さんのとぼけた掛け合いが大変絶妙でそれが面白さを増長させています。

やはり、スタッフやキャストの仲の良さが如実に表れています。

その事がコンビネーションを見事にする力では。

それに榮倉さんのプロレスネタも馬場園さんに受け継がれて一安心です。

更にシーズン2では、まだですが、岸部さんのタイガースネタも期待しています。
シーズン1ではちょっとでしたが、軽く触れて頂いたので、またお願いしたいです。

香川さん関係のネタも欲しいですね。

最後に

好評を博している99.9。シーズン2にもなって持続しているというより
更に人気が上がっているような気はします。

謎解きなどに物足りないという声やHEROのパクリという声もありますが、
この辺の批判は許容範囲ではないでしょうか。

よくあるという訳ではないですが、ドラマが好調だけに出てくる話かもしれません。

ただストーリー的な流れも深山の父の流れは結構連動性もあり、
やっとシーズン2で解決しました。

鶴瓶さん演じる川上の動向が気になります。
ちょっと伏線を持たせるような顔の演技などこれも小ネタに入るのでしょうか。

このようにストーリーにも含みを持たすのも小ネタでは。

小ネタだけが先行して話題となっていますが、それだけでなくストーリー的に
エッセンスとなり、たまたまマツジュンがダジャレを言う事で話題となった
と言った方が正しいでしょうか。

今後はストーリーも佳境に入っていくでしょうが、小ネタも全開でお願いしたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です